成功と
持続可能性の
拡大をめざして
コミュニティ・サポート

私たちは、教育と医療のイニシアチブの支援、芸術と機能デザインを備えることによる生活環境の向上、環境に配慮した不動産開発を通じ人々の暮らしを改善することで、事業を行う地域社会への投資に努めています。 当社の持続可能な開発に対する努力を示す全認証の一覧はこちらからご覧ください。

 

地域と医療を支援

パートナーシップ構築を通じて地域社会に貢献

シンガポール

高等教育への支援

教育はMapletreeのCSRフレームワークにとって中心となっています。シンガポールでの高等教育の支援者として、当社は累計で300万Sドルを奨学金基金に寄付をし、国内の6つの大学 - Singapore National University (シンガポール国立大学)、Nanyang Technological University (南洋理工大学)、Singapore Management University (シンガポールマネジメント大学)、Singapore University of Technology and Design (シンガポール工科・デザイン大学)、 Singapore Institute of Technology (シンガポール工科大学)、そしてSIM University(SIM大学) - を支援しています。そして、毎年90名以上の大学生を給付型奨学金や学習奨励金を通じ経済的にサポートしています。

2016年会計年度には、シンガポールでの教育支援プログラムに対し追加で300万Sドルの支援をしました。

シンガポールと世界の不動産業界の需要を満たす新世代の実務家を養成するために、Mapletreeは2018年1月に、多面的なMapletree Real Estate Programme をingapore Management University (SMU)にて発足しました。MapletreeからSMUへの300万ドルの寄付は1:1の政府マッチングで総額600万シンガポールドルとなり、Mapletree Professorship in Real Estate、Mapletree Awards,、Mapletree Real Estate Business Study Trip Grantそして Mapletree Speaker Eventsといった不動産専門職専攻の立ち上げに使われました。

 

Mapletreeでは学業の達成を重視しており、 Singapore National University (シンガポール国立大学)(2016と2017会計年度)とNanyang Technological University (南洋理工大学)(2016会計年度)の給付型奨学金対象者の中から選ばれた学生に対し、それぞれ1,000Sドルの報奨金を付与しました。

シンガポールでは実務教育がさかんになってきています。当社でもこういった実務教育を評価し、2015年9月にMapletree Academic Achievement Programme (MAAP)を立ち上げました。MAAPでの最初の取り組みは、地域の5つの職業訓練校の卒業生の中から選ばれた人材に、5年間にわたる奨学金を支給するもので、2015年度から始まりました。MAAPでは、2016年度からの5年間で30の奨学金を毎年提供しているSIM Global Educationのディプロマプログラムに対し、支援をしています。

   

2017会計年度にはMAAPの支援を拡大し、Ngee Ann Polytechnicの「持続可能な都市デザイン&エンジニアリングにおける卒業証書の最優秀賞」とシンガポールポリテクニックのトップ1とトップ2へのホテル&レジャー施設マネジメントのための3年間のスポンサーシップを始めました。これは、Mapletreeのビジネスに関連する分野における学術的優秀性を引き続き認識するためのものです。

 


経済的、社会的リスクのある青少年への継続的支援

2012年以来、当社は Boy's Townと Assumption Pathway Schoolの教育やスポーツ、そして芸術面でのプログラムに対し43万Sドルの寄付をし、経済的、社会的に困難な状況にある青少年の生活を向上させることを目指しています。

2017年11月Mapletreeは、YouthReachとBeyond Social Servicesの青少年とMBCとPSAビルで働く従業員の子供たちのため、Youthフットサルキャンプを開催しました。 青少年はフットサルルールや基本的なフットサルテクニックを学び、友好試合に参加しました。

その後、2018年3月16日にMapletreeフットサルチャレンジが開催され、Mapletree、MBCテナント及び支援対象の青少年たちから12チームが参加しました。 参加したテナントからの寄付はMapletreeと合算しS $ 6,000となり、青少年や教育関連のプログラムのために集められました。

 

同年、当社はMapletree Youth Resilience Programme (MYRP)の立ち上げもしました。これは、ポテンシャルのある若者に長期的な経済的支援をし、恵まれない環境にもかかわらず学業に励む若者を後押しすることを意図しています。MYRPプログラムのもと、ボーイズタウンとYouthReachの中から、5人の若者が学校関連費用のための1年間の支援を受けることになりました。若者が学術的なコミットメントと自己規律を示していることから、若者のための支援が拡大され、Mapletreeは2017会計年度に3つの地方自治福祉施設でMYRPの支援対象者を5から11人に拡大ました。

長期にわたり、当社はMYRPのスコープとスケールの拡大をし、若者に関連した他のチャリティーにまで支援対象を広げることを目的としています。そして、Mapletreeがシンガポールにおいて、問題を抱える若者たちの力強い支援者となれるよう務めています。


中国

地域コミュニティーへの支援

これまでのところ Mapletree 最大の海外マーケットとなっているグレーターチャイナでは、恵まれない人々へ教育と健康管理の支援を提供することに重点を置きながら、地域社会に対するさまざまな投資を長年にわたり続けてきました。

2012年度よりMapletreeでは上海市閔行(ミンハン)区と広東省仏山市南海(ナンハイ)地区で、低所得層の住民が教育や医療を受けられるように経済支援を行っています。5年間に総額1,000万人民元を提供する予定で、2012年以来、両地区で3,200名以上の住民が支援を受けました。

このような寄付と継続的な支援に対しMaplereeは様々な賞を受賞しています。2018年3月に は"佛山慈善大賞2017"でOutstanding Organisation of Foshan Charity 2017を佛山チャリティーより受賞、そして、仏山チャリティーフェアにて "Guicheng Poverty Alleviation 2017" Guichengを受賞しました。

    Mapletree はコミュニティーへの貢献が認められ、数々の賞を受賞しました。2014年に閔行(ミンハン)区役所から「ベストCSR賞」を付与され、2015年には上海慈善財団閔行支部から「チャリティースター」に選ばれました。

  

 

 

 

 

ベトナム

医療支援と身体障害者支援

当社は支援を必要としている人たちをサポートするため、地元企業との協力関係構築に努めています。2016年のSC VivoCityの一周年を記念し、当モールは5億ベトナムドン(~30,650Sドル)をOperation Smile Vietnamに寄付し、先天性口唇裂と口蓋裂をもつ恵まれない子供達100人の医療支援をしました。

2017年1月にMapletreeとその子会社であるVietnam Management and Consultancy Co Ltdは、ベトナムホーチミン市の恵まれない人々1,800人を対象に医療保険をスポンサーするため、7億2,000万ベトナムドン(約41,000シンガポールドル)を寄付しました。この医療保険カードですべての医療費の少なくとも80%を12ヶ月間カバーします。 これは、SC VivoCityのMapletreeのJVパートナーであるSaigon Co.op Investment Development Joint Stock Companyの10周年に合わせて行われました。