成功と
持続可能性の
拡大をめざして
芸術とデザインを育む

開発物件の魅力を高めるためデザインを採用し、また施設の活力を強化するべく芸術を吹き込む不動産デベロッパーとして、Mapletree は芸術やデザインが生み出す価値を理解しています。そのことから、VivoCity (ビボシティ) や Mapletree Business City (メープルツリー・ビジネスシティー) (MBC) といった旗艦プロジェクト内の共用空間に芸術作品を展示しています。また、芸術に対する認識を広めるため、アレクサンドラ地区周辺のビジネス・コミュニティに対する芸術作品の斡旋プログラムも施設内で無償にて行っています。こうした貢献が認められ、Mapletree はシンガポール国立芸術評議会による Patron of the Arts (パトロン・オブ・ザ・アーツ) 賞を継続的に受賞しています。

 Mapletree ブランドの明確化

Mapletree では、シンガポール国内の開発物件に展示されている芸術作品を集めたコーヒーテーブルブックをシリーズで制作しました。シリーズ一冊目となる Arts in the City(アーツ・イン・ザ・シティ)は MBC に展示される8つの芸術作品を取り上げ、続く Arts on the Waterfront(アート・オン・ザ・ウォーターフロント)には VivoCity にある、2006年初開催のシンガポール・ビエンナーレ(2年に一度催される美術展覧会)で発注された7つの芸術作品が掲載されています。シリーズ最後の本、Artefacts from Sea to Land(アーティファクツ・フロム・シー・トゥ・ランド)では、Mapletree のハーバーフロント地区周辺の公共の場所に設置されている、シンガポールの海洋国家としての歴史を扱った芸術作品を紹介しています。


アーツ・イン・ザ・シティ

シンガポール国立芸術評議会(NAC)との共同事業であるArts in the City (AITC)とArts in Your Neighbourhood (AYN)でのアート・パフォーマンスとプログラムを通じて芸術を広めるよう努めており、地域のアーティストが参加する様々なジャンルのアートパフォーマンスや展示を、旗艦物件MBCにて開催しています。 2013年から始まったAITCでは、働く人々が芸術に触れる機会を提供し、また、地域のアーティストが自身の芸術的な才能を発信するプラットフォームを提供しています。

2013年にスタートした Arts in the City (アーツ・イン・ザ・シティ)は、Mapletree とシンガポール国立芸術評議会(NAC)との共同事業で、芸術を職場に取り入れ、働く大人が芸術に触れるチャンスを増やすことを目指す NAC のアーツ@ワークプログラムの一環として行われており、MBC を会場に無料の芸術パフォーマンスが開催されています。


会場スポンサー

Mapletreeは、CSR関連イベントの際シンガポール国内の物件を会場として提供しており、2016年会計年度では83,000Sドル以上相当の会場スポンサーとなりました。例えば、MBCで行われたHealth Promotion Board’s Workplace Health Promotionシリーズの会場スポンサーとして、またVivo Cityでは、Pathlight School の商品販売や Purple Paradeの会場スポンサーとなりました。

香港、九龍島のアイコン的ショッピング・モールのFestival Walk (フェスティバル・ウォーク)は、さまざまな芸術、文化によるチャリティイベントや、Hong Kong Skating Union主催の大会やトレーニング場のため、会場スポンサーとなりました。

 モールの貢献が認められ、フェスティバル・ウォークは2013年から2015年まで、香港社会服務連会(Hong Kong Council of Social Service )より社会貢献賞(Caring Company Certificate )を受賞しました。