成功と
持続可能性の
拡大をめざして
企業としての社会的責任

Mapletree は持続可能な慣行を業務に取り入れること、そして地域社会へ投資することに努めています。アジア越えるのビジネスが成長に伴い、企業の社会的責任 (CSR) に関する施策によって共有できるプラスの成果を生み出すことを目指しています。

私たちの努力を支えているのは、メープルツリーのShaping & Sharing (形にして、共有する) プログラムです。これは CSR に集中的に取り組むことによって、より多くの援助活動を実現させることを目的としたグループ全体のフレームワークです。
一人ひとりを力づけること、そして地域社会を良くすること、という二つの大きな目的に導かれたこのプログラムは、教育支援や健康管理のサポートとともに、環境的に持続可能な慣行や芸術に対する取り組みをビジネス活動を通じて支援するものです。
 
CSRに対する取り組みを会社の成長や業績と連動したものとするため、当社は利益の一部を Shaping & Sharing プログラムへ拠出しています。グループの年間の税引後利益 (PATMI) が5億Sドルを超える場合、5億Sドル単位毎に100万Sドルが年間のCSR予算として確保されます。
さらに当社の CSR に対する努力の姿勢の証しとして、グループのシニアマネジメントと REIT 役員会のメンバー5名からなる取締役会委員会が Shaping & Sharing プログラムに関する戦略的な監視業務を行っています。良いガバナンスを確実にし、意見の多様性を許容し交換し合う環境を実現させるため、各メープルツリーREITからの代表者の委員会参加は2年交代の輪番制です。
CSR 取締役会委員会 
 氏名  
 Mr Edmund Cheng Wai Wing  会長、 Mapletree Investments Pte Ltd (MIPL)
 Mr Hiew Yoon Khong  最高経営責任者、 MIPL
 Mr Kan Shik Lum
 取締役、Mapletree Commercial Trust Management Ltd
Ms Heng Yeow Khing    ディレクター、Gemstone Asset Holdings
Mr Wan Kwong Weng  社内管理統括総責任者、グループ法律顧問、MIPL