不動産に
価値を付加
要望に合わせて建築(Build-to-Suit)

カスタマイズ ソリューション

Mapletree はお客様の要望に合わせた建築(Build-to-Sui、以下BTS)という付加価値サービスのオプションを提供しています。このスキームのもとで、 Mapletree は新しい設備をお客様の仕様に合わせて作ります。お客様はそのようにして出来た設備を、長期にわたってご利用頂くことが可能です。 お客様は工事を監督する手間が省ける一方で、安定した賃貸料の恩恵を長期にわたって受けられます。

2008年、Mapletree は最初のBTS物件として高級オフィスビルの Bank of America Merrill Lynch HarbourFront.(バンクオブアメリカ・メリルリンチ・ハーバーフロント)を完成させました。賃貸可能面積20万平方フィートのこの6階建てオフィスビルは全館バンクオブアメリカ・メリルリンチに長期リースで貸し出されており、同銀行のプライベートバンキングと グローバルマーケット・ビジネスのグローバルサポートセンターとなっています。  Mapletree は2010年、Tata Communications Exchange (タタコミュニケーションズ・エクスチェンジ)を完成させました。床面積17万平方フィートの同ビルはTata Communications 社の仕様に合わせて建てられ、世界レベルのデータセンターとなっています。 2012年にはKulicke & Soffa (キューリック・アンド・ソファ、K&S)社の本社としてK&S Corporate Headquarters を建て、同年 Equinix 社のためにカスタマイズしたデータセンターである26A Ayer Rajah Crescentを建てました。 その後、2014年6月にはヒューレットパッカード社 (HP Singapore) との間で、Telok Blangah ClusterをBTS物件として再開発するる契約に調印しました。この2億2,600万シンガポールドルの物件は Mapletree がこれまでに手がけた BTS物件の中で最大で、2017年の第2四半期には完成予定です。

海外では、2013年に日本の神奈川県において、グローバルなインターネット通販会社のためのBTS流通センターとして小田原センター1小田原センター2 を建設しました。