不動産に
価値を付加
Mapletree North Asia Commercial Trust(メープルツリー・グレーターチャイナ・コマーシャル・トラスト)

シンガポールでは初の香港特別行政区、中国及び日本の物件からなる商業不動産投資信託です。

MGCCT listing2013年3月7日にシンガポール証券取引所のメインボードに上場したMapletree North Asia Commercial Trust (“MNACT”)(旧名はMapletree Greater China Commercial Trust1)は、香港特別行政区、中国及び日本の最高級の商業物件への投資機会を提供する初の不動産投資信託です1

MNACTは香港特別行政区、中国及び日本にある9物件で構成されています:
a)香港特別行政区:Festival Walk
b)北京:Gateway Plaza
c)上海:Sandhill Plaza; そして
d)日本: 東京に3物件(IXINAL 門前仲町ビル、東日本橋一丁目ビル、TS 池袋ビル); 横浜に1物件(アーバス新横浜ビル); そして千葉県に2物件(SII 幕張ビル、富士通幕張ビル)。

MNACTは、Mapletreeの100%子会社であるMapletree North Asia Commercial Trust Management Ltd(旧名はMapletree Greater China Commercial Trust Management Ltd.)によって運営されています。

詳細はMapletree North Asia Commercial Trustをご覧ください。

1. SGX-ST の5月25日付の発表 “Change of Name of Mapletree Greater China Commercial Trust and the Manager” をご参照下さい。