不動産に
価値を付加
MJOF
  • ファンドの目的は、賃貸収入の得られる日本のオフィススペースに幅広く投資し、定期的に安定した収入を得て、高いトータルリターンを得ることです。
  • 交通の便が良く、安定した賃貸収入の実績があるハイグレードなオフィスビルに焦点を当てています。
  • 設立当初、4物件に投資しました。

MJOF の目的は安定した定期的な収入を得て、魅力的なトータルリターンを実現することです。MJOFは賃貸料が発生している既存のオフィスビルを主な投資対象としており、その中心は東京都心部、周辺エリア及び首都圏となります。 

MJOF の最終クロージングは2015年1月で、650億円のコミットメントを頂戴いたしました。

Mapletree は MJOF の大株主で、持株比率はファンドの約36%です。MJOF は Mapletree の完全子会社 Mapletree Real Estate Advisors Pte. Ltd. (MREAL) Mapletree が運用しています。

ファンド概要
ファンドタイプ クローズドエンド・プライベートファンド
会社登録 シンガポール法人
設立 2014年6月
物件タイプ オフィス・スペース
投資先 日本
運用期間 4-5年
投資戦略 コア / コア+
ファンド規模 650億円
Mapletree 持分 36%