Maintenance will be carried out on 25 May 2019 from 6pm to 11pm

成功と
持続可能性の
拡大をめざして
取締役会構成と情報開示

Mapletree Investments Pte Ltd (Mapletree) がアジア内外で事業を拡大するうえで、しっかりとしたコーボレート・ガバナンスを維持することは、投資家の信頼を得て、また企業としての誠実さを保つ上で確固として守るべきものであり、その重要性は益々増しています。業務においてMapletreeグループは、適用される全ての法令を遵守しながら、倫理的にビジネスを行います。当社の上場ファンドは、シンガポール金融庁の定めるコーポレート・ガバナンス規範に従っています。

Mapletree は株式取引所に上場しておらず、そのため企業情報の公開は義務付けられてはいませんが、コーポレート・ガバナンス規範の中核となる指針に自発的に従っています。具体的には常勤取締役を定められた以上の割合で維持、会長と最高経営責任者の役割分離、しっかりとした内部統制システムの維持などです。

グループ全体を通して、Mapletree は不動産投資信託の投資家の皆さまに責任をもって関連情報をご連絡いたします。実際、Mapletree のトラスト構造やギアリング比率、管理手数料は適時公開され、透明性が保たれています。

 

最新の当社のコーポレートガバナンス・レポートはこちらから。(英文のみ)

当社の英国法Modern Slavery Act(当社仮訳:現代奴隷法)に係る声明に関しましては、英語版ウェブサイトをご覧下さい。